スマートフォン版へ

京都金杯を直前回避したアンドラステが引退

  • 2022年01月06日(木) 12時54分
 21年中京記念を制したアンドラステ(牝6歳、栗東・中内田)が引退することが5日、社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。

 同馬は京都金杯への出走を予定していたが、左前脚の球節部分に炎症が見つかったため直前で回避。栗東トレセンの診療所でエコー検査を受けたところ、炎症が繋靱帯までに及ぶことが判明した。クラブ規約の3月の引退期限までに復帰するのが困難な状況で、引退・繁殖入りすることが決まった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す