スマートフォン版へ

18年ダービー馬ワグネリアンが急死 多臓器不全のため

  • 2022年01月06日(木) 22時00分
 18年ダービー馬ワグネリアン(牡7歳、栗東・友道)が5日午後6時頃、栗東トレセン内診療所の入院馬房で病死した。死因は胆石による多臓器不全とされる。6日、友道師が発表した。

 昨年11月のジャパンC18着後に体調を崩して治療を続けていたが、年末に容態が悪化。友道師は「獣医の解剖の結果、大きい胆石がたまっていたとのことです。一戦一戦が思い出ですが、ダービーが一番の思い出ですね」と沈痛な面持ちで話した。

 6日朝には、同馬で自身初のダービー制覇を成し遂げ、左鎖骨骨折でリハビリ中の福永も東京から栗東に駆けつけた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す