スマートフォン版へ

【JRA】障害重賞2勝のラヴアンドポップが引退、乗馬となる予定

  • 2022年01月08日(土) 19時04分
 2020年の東京ジャンプS(JGIII)、2021年の東京ハイジャンプ(JGII)を連勝したラヴアンドポップ(牡9、美浦・岩戸孝樹厩舎)は、8日付でJRAの競走馬登録を抹消された。今後は乗馬となる予定だが、行先は未定。

 ラヴアンドポップ父アドマイヤムーン母ラヴィングプライド、母の父Quiet Americanという血統。馬主はゴドルフィン。

 2015年7月の2歳新馬戦から、続くコスモス賞(OP)とデビュー2連勝。以降平地では勝ち星から遠ざかったが、2018年8月の未勝利戦で障害初勝利をあげると、続く阪神ジャンプS(JGIII)でもアップトゥデイトの2着と好走した。

 1年5ヶ月の休養、平地戦での復帰、障害OPでの競走中止を経て、2020年の東京ジャンプSを10番人気で勝利。さらに1年4ヶ月の休み明けとなった東京ハイジャンプも連勝で制した。

 通算成績は22戦5勝(うち障害10戦3勝)。獲得賞金は1億3764万2000円。2021年の中山大障害(JGI・4着)がラストランとなった。

(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す