スマートフォン版へ

【フェアリーSレース後コメント】ライラック M.デムーロ騎手ら

  • 2022年01月10日(月) 18時40分
中山11Rの第38回フェアリーステークス(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は5番人気ライラック(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。クビ差の2着に1番人気スターズオンアース、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ビジュノワールが入った。

ライラックは美浦・相沢郁厩舎の3歳牝馬で、父オルフェーヴル母ヴィーヴァブーケ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ライラック(M.デムーロ騎手)
「気難しく、テンションの上がりやすい馬です。ゲートに入る前は落ち着いていましたが、中ではイライラして、出遅れました。二の脚も速くありません。今回は脚を溜めていく形でしたが、流れも良く、3コーナーの手応えはものすごく良かったです。

 早く動きたくなかったので、外を回ることになりましたが、直線はすごい脚でした。クラシックを狙える馬だと思います。体は小さいですが、心が強い馬です。落ち着いて走れば、良い脚が使えます。楽しみですね」

(相沢郁調教師)
「1600mの馬ではありません。距離は延びるほど良いと思います。能力があるから対応できましたし、あれだけ外を回って差し切るのですから、着差以上の強さでした。前走は全てがダメでした。その後、馬運車に乗る練習を1回、ゲート練習も3〜4回やりました。

 気性面で父に似たようなところもありますし、馬がまだ子供です。飼い葉も食べてはいますが、それがまだ身になっていません。それだけに期待が膨らみます。今後についてはローテーションや鞍上など、全て未定です」

2着 スターズオンアース(石橋脩騎手)
「調教で乗った時から良さを感じていました。前回は馬の気に乗せていった分、ギアが入りきらなかったので、今回は自分のペースでリズム重視で乗りました。直線まで良い感じでしたが、最後に内を突くことになり、のめって右にモタれました。ただ今日に関しては、この馬の力は出せたかなと思います」

4着 フィールシンパシー(坂井瑠星騎手)
「すごくセンスが良い馬です。今日は上位馬の決め手が上でしたが、しっかりと反応していましたし、良い馬です」

5着 ブルトンクール(菅原明良騎手)
「よく頑張りました。スタートを出て、そのあと折り合いがつくように、センスが良い馬です。今日はこの馬の持ち味が活かせたと思います」

6着 スクルトゥーラ(横山武史騎手)
「思い描いていた通りの競馬ができました。使える脚がそこまで長くないと思ったので、ある程度ポジションを取りに行って最後にシュッと脚を使うイメージでいました。坂がこたえたようで伸びてはいますが、脚が鈍りました。今回馬体重がプラス12kgでしたが、まだまだ増えてくると思いますし、これから良くなってくると思います」

7着 ニシノラブウインク(三浦皇成騎手)
「道中良いところで運べて、最後も前が開いた時に一瞬反応しましたが、両サイドから寄られてしまいました。上がりが速い中でよく頑張ってくれました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す