スマートフォン版へ

ウインブライトの半妹ウインエクレールが松岡正海騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2022年01月11日(火) 21時10分
 正月開催の4日間が終わり、今週からは通常の土日開催に…。中山のメイクデビューにはウインブライトの半妹がスタンバイ。陣営も素質を評価しており、そのレースぶりに注目が集まる。

【1月16日(日) 中山芝1600m】

ウインエクレール(牝、父ディープインパクト母サマーエタニティ、美浦・畠山吉宏厩舎)

 香港G1を2勝したウインブライトの半妹。夏場に入厩して調教を進めていたが、右トモの球節が腫れるなど態勢が整わずに仕切り直した。12月17日に再入厩してからは順調に乗られており、大晦日と年明けの1月6日にウッドチップコースで長めから時計を出している。偉大な兄の主戦を務めていた松岡正海騎手が跨り、いずれも併せ馬で先着と軽快な動きを見せた。「もう脚元のほうは大丈夫。夏の頃は頼りなさが目立っていたけど、しっかりしてきたし、仕上げにも手間取らない。走りが軽いし、お兄ちゃんとはタイプが違う。ジョッキーも褒めてくれているし、初戦から楽しみにしています」と畠山吉宏調教師。松岡正海騎手も「女の子らしい気性でゲートなどではピリッとするところがあるけど、いいバネをしている。何とか桜花賞に間に合わせたいですね」と春の大舞台を意識している。

ウインオリハルコン(牡、父ストロングリターン母ウインオリアート、美浦・鹿戸雄一厩舎)

 ステイゴールド産駒の母は同じく鹿戸雄一厩舎に在籍し、通算3勝を挙げた。牝系からは仏香のG1を2勝したエイシンヒカリが出ている。「昨秋のデビューを考えていたけど、疲れが出たので立て直した。だいぶ動けるようになってきたし、その頃よりも良くなっている。気性的にも落ち着きが出てきたし、まずは1600mで見てみたい」と鹿戸雄一調教師。鞍上は石川裕紀人騎手を予定している。

レッドカロス(牡、父イスラボニータ母ビジュアルショック、美浦・奥村武厩舎)

 半姉のブラックスビーチスイートピーSの勝ち馬。近親(3代母の仔)にアグネスデジタルがいる。こちらも歩様の乱れから昨秋のデビューを見送り、じっくりと立て直しを図った。「脚元の状態は落ち着いている。まだ緩さはあるけど、走ることに真面目な性格でスピードの乗りがいいタイプです」と奥村武調教師。鞍上は岩田康誠騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す