スマートフォン版へ

スノーフォール安楽死 昨年英オークス16馬身差圧勝のディープインパクト産駒

  • 2022年01月12日(水) 01時18分
 昨年のオークス(英G1)をレース史上最大着差の16馬身差で圧勝するなど、英愛でG1計3勝をあげたスノーフォール(Snowfall、牝4、愛・A.オブライエン厩舎)が、骨盤の故障により安楽死となった。

 英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間11日、報じた。

 スノーフォールは父ディープインパクト母ベストインザワールド、母の父Galileo。伯母に2016年の凱旋門賞ファウンドがいる血統。日本のノーザンファームの生産馬(欧州で生産者の基準となる母馬所有者はRoncon, Chelston Ire & Wynatt)。

 昨年のミュージドラS(英G3)で重賞初勝利をあげると、そこからオークス、愛オークス(愛G1)、ヨークシャーオークス(英G1)とG1・3連勝をあげた。通算成績は14戦5勝。

※詳報は後日、改めてお伝えする予定です。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す