スマートフォン版へ

【日経新春杯】6歳馬マイネルウィルトス 勝負の年、タイトル奪取に燃える

  • 2022年01月12日(水) 06時03分
 「日経新春杯・G2」(16日、中京)

 勝負の年を迎えた。明け6歳となるマイネルウィルトスが、22年こそはとタイトル奪取に燃える。21年は札幌記念ソダシの4着、アルゼンチン共和国杯オーソリティの2着に好走。宮師は「既にオープン特別は勝っている。何とか重賞を獲りたい」と意気込む。

 前走のチャレンジCは6着に敗れたが、「この馬自身、走っていないことはない。緩急のある流れが合わなかった」と指揮官に悲観の色はない。着順だけで判断することなく、馬の成長を冷静にジャッジ。「最近は能力を出している。条件がかみ合えばチャンスはあると思う」と確かな地力強化を感じている。

 中間の調整も順調だ。6日には、栗東CWで一番時計となる6F78秒2-36秒0-11秒6をマーク。3頭併せで楽々と最先着を果たした。「あれぐらい(時計は)出る馬だが、今は具合がいいね」と状態面に太鼓判を押す。

 この馬を語る上で欠かせないのが、21年4月の福島民報杯。超がつくほどの不良馬場を難なく克服し、越後路で圧勝劇を演じた。「この馬は“生き残りをかけたレース”が合う。ある程度、ペースが流れて消耗戦になれば」とトレーナー。力を要する今の中京芝は望むところ。ひと雨降れば、タイトル奪取の期待はさらに膨らむ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す