スマートフォン版へ

【京成杯】ホウオウプレミア ラスト1F10秒8 奥村武師「お釣りのある動き」

  • 2022年01月13日(木) 12時10分
 「京成杯・G3」(16日、中山)

 ホウオウプレミアは12日、岩田康を背に美浦Wでクールキャット(4歳オープン)、サーマルウインド(3歳1勝クラス)と3頭併せ。5馬身以上先行していた2頭に直線で内から馬体を並べると、鞍上から左ムチ、続いて右ムチが容赦なく飛んだ。気迫のこもった内容で6F84秒6、ラスト1Fは追い風を味方にしたとはいえ、10秒8と強烈な伸びで併入した。

 この動きに奥村武師は、「しまいは思ったより反応できていた。前半をゆっくり入ったとはいえ、お釣りのある動きで良かったですね」と納得の表情。現状では精神的な幼さや馬体の緩さが残っており、「成長曲線としてはもう少しかな」とトレーナーは控えめだが、潜在能力の高さを評価しているからこそ重賞にぶつけてきた。

 前走の百日草特別は2着に敗れたものの、メンバー最速の上がり3F33秒1と非凡な瞬発力を見せた。「相手は強いけど、ここでどれだけやれるか」と指揮官は期待を込めて送り出す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す