スマートフォン版へ

アーモンドアイ初子誕生 父エピファネイアの牡馬 サンデーサイレンス4×3も注目

  • 2022年01月14日(金) 12時20分
 歴代最多の芝G1・9勝を挙げたアーモンドアイ(牝7歳)が13日未明、けい養先である北海道安平町のノーザンファームで、初子となる父エピファネイアの牡馬を出産。同日、ノーザンホースパークが公式Twitterで発表した。

 母子ともに産後の経過は順調だという。父エピファネイアは牝馬3冠馬デアリングタクト、21年度の年度代表馬エフフォーリアなどの超一流馬を輩出しており、サンデーサイレンス4×3のクロスから血統的にも注目が集まりそうだ。初子は早ければ24年にもデビューする。

 アーモンドアイを管理した国枝師「元気な男馬が産まれたということで、大変良かったなと思っております。お母さんとして、とりあえず一つ目をクリアしてくれたことになるわけだし、今後も母子ともに順調にいってくれたらと思います」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す