スマートフォン版へ

【AJCC】オーソクレース 重賞V発進で春の大舞台へ 久保田師「順調」

  • 2022年01月18日(火) 12時32分
 「AJCC・G2」(23日、中山)

 中距離路線での飛躍を見据える馬が集う中山伝統のG2戦。菊花賞2着のオーソクレースはいまだに重賞未勝利。奥手だった母マリアライトの血を引く良血馬の4歳初戦に注目が集まる。

 さらなる飛躍を期す勝負の年へ。21年の菊花賞2着馬オーソクレースが始動する。

 デビュー2連勝でホープフルSに挑戦。ダノンザキッドの2着に敗れた。その後、皐月賞を目指して調整されていたが、直前になって右後肢骨折。春全休を余儀なくされた。約9カ月ぶりのセントライト記念。「まずは無事に復帰させることが一番」と話していた指揮官の思いをいい意味で裏切り、0秒4差の3着と底力を示した。

 3冠最終戦は、楽に逃げ切ったタイトルホルダーには5馬身差と及ばなかったものの、直線3頭横並びの2着争いをきっちり頭差抑えて連対確保。大外(18)番枠を克服してのパフォーマンスで、改めて非凡な能力の高さをアピールした。久保田師も「厳しい条件をよく走ってくれた。いい競馬だったし、十分評価できる内容でした」と目を細めた。

 13日の美浦Wでの1週前追いは、日経新春杯で4着だったエフェクトオン(6歳オープン)と併せて併入。「1週前だし、しっかりやっておきました。早めに動かして(前に)取り付くところまで頑張らせた。順調ですね」と満足げだった。

 22年の目標はもちろん、ビッグタイトル奪取。その前に念願の重賞Vだ。師は「一戦ごとにズルさが出てきて、エンジンが掛かるまでに時間がかかる。中山だし、うまくこなしてほしい」と控えめだったが、これまでも人の思いを超える走りを見せてきた。春の大舞台へ、好発進を決めてくれるに違いない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す