スマートフォン版へ

【AJCC「見逃せない調教師」ベスト3】中山芝2200mで複勝回収率107% 馬券妙味を追うならこの調教師!

  • 2022年01月19日(水) 20時21分
 AJCCに管理馬を登録している13人の調教師のうち、2016年以降の中山芝2200mにおける勝利数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出。AJCCで馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は池江泰寿調教師。集計期間内に中山芝2200mでの勝利はないものの、[0-6-3-10]という成績で、複勝率47.4%はトップ。複勝回収率も95%と上々だ。特筆すべきは重賞での好成績。[0-5-1-5]と2回に1回以上馬券になっている。直近3年の間にも、19年セントライト記念サトノルークスが8番人気2着、21年AJCCをヴェルトライゼンデが3番人気2着。池江厩舎といえば、過去に有馬記念でも波乱を演出しており、中山非根幹距離の芝は得意条件の一つだ。

 今年はボッケリーニが出走予定。中山初参戦となるが、中京に良績があり、急坂は苦にしない。適性を見越しての参戦だろう。先週、土日で重賞を制したオーナーの勢いも侮れない。

 2位は堀宣行教師。集計期間に中山芝2200mで11勝を挙げ、複勝率は42.9%。複勝回収率は70%止まりだが、単勝回収率は110%とベタ買いでプラスになっている。年明け後、このコースではメイプルリッジスマイルチャックネイトで1着、1着、3着と絶好調だ。

 今年はスマイルが出走予定。前述の通り、年明け早々に、この中山芝2200mで行われた迎春Sを勝利している。この勝利も含め、中山芝で[4-1-1-1]というコース巧者。中1週での参戦に、この条件を使いたいという陣営の意思を感じる。

 第1位に輝いたのは手塚貴久調教師。集計期間内に中山芝2200mで7勝を挙げ、複勝率は35.3%。単勝回収率210%、複勝回収率107%と馬券妙味は抜群だ。21年セントライト記念アサマノイタズラ(9番人気1着)、21年オールカマーウインマリリン(2番人気1着)で制し、目下、このコースでの重賞を連勝中。

 今年はアサマノイタズラマイネルファンロンが出走予定。アサマノイタズラセントライト記念を勝ち、スプリングSでも2着という実績がある。ここ2走は位置取りが後ろ過ぎたが、スムーズな競馬なら巻き返し必至だろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す