スマートフォン版へ

【東海S 血統データ分析】パフォーマンスで存在感を示すゴールドアリュール系

  • 2022年01月20日(木) 18時33分
 23日に中京競馬場で行われる東海S(4歳上・GII・ダート1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、京都ダート1800mで代替開催された2020年はデータの集計対象外とした。

 過去8回で最多となる5回の馬券絡みがキングカメハメハ。次点で2回のアグネスデジタルネオユニヴァースロージズインメイディープスカイが続く。

 キングカメハメハ産駒は[0-3-2-15]。14・15年グランドシチー、19年チュウワウィザードと延べ3頭の2着馬を出す一方で、1人気に支持された13年ホッコータルマエ、16年ロワジャルダンは3着に留まっていた。なお、4歳時に好走したホッコータルマエチュウワウィザードの2頭は、のちにGI/JpnIを複数回勝利する飛躍を遂げている。今年は昨年に続いてグレートタイムハヤヤッコの2頭が出走予定。

 スマートファルコン産駒は[1-0-0-0]。産駒初出走となった昨年はオーヴェルニュが後続に1.3/4馬身差をつけて快勝。なお、同種牡馬は中京ダート1800mで[3-1-4-41]という成績を残すが、3勝のうち2勝がオーヴェルニュによるもの。今年は2連覇を目論むオーヴェルニュが出走を予定している。

 ゴールドアリュール産駒は[1-0-0-5]。好走例こそ15年コパノリッキーに限られるが、同馬は58kgの斤量を背負いながら後続に4馬身差をつける圧巻のパフォーマンスを披露していた。なお、昨年は後継種牡馬の産駒が1、3着で入線していたことも気に留めておきたい。今年は大井所属のサルサディオーネが出走予定。

 初出走となるマジェスティックウォリアー産駒は中京ダート1800mで[8-5-9-45]という成績を残しており、連対率19.4%・複勝率32.8%という数値は今回出走するメンバーの種牡馬のなかでは最高値を記録。該当するサンライズホープスマッシャーの2頭には注目しておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す