スマートフォン版へ

【東海S 枠順データ分析】やや内枠優勢だが、最内の1枠は全滅

  • 2022年01月21日(金) 19時09分
 23日に中京競馬場で行われる東海S(4歳上・GII・ダート1800m)について枠順・馬番別に検証していく。なお、京都ダート1800mで代替開催された2020年はデータの集計対象外とした。

 過去8回、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが6番。3回で3番、4番が、2回で5番、8番、12番、14番、15番が続く。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 0-0-0-12/12 複勝率0.0% 複勝回収率0%
2枠 0-1-2-10/13 複勝率23.1% 複勝回収率153%
3枠 0-2-2-10/14 複勝率28.6% 複勝回収率100%
4枠 4-0-1-10/15 複勝率33.3% 複勝回収率44%
5枠 1-1-1-13/16 複勝率18.8% 複勝回収率44%
6枠 1-1-0-14/16 複勝率12.5% 複勝回収率27%
7枠 1-2-1-12/16 複勝率25.0% 複勝回収率95%
8枠 1-1-1-13/16 複勝率18.8% 複勝回収率111%

【中京ダート1800m全体(2019年以降)】

1枠 26-27-25-225/303 複勝率25.7% 複勝回収率89%
2枠 24-40-25-240/329 複勝率27.1% 複勝回収率81%
3枠 27-27-30-267/351 複勝率23.9% 複勝回収率72%
4枠 37-28-29-287/381 複勝率24.7% 複勝回収率91%
5枠 27-26-31-321/405 複勝率20.7% 複勝回収率45%
6枠 38-31-35-334/438 複勝率23.7% 複勝回収率79%
7枠 31-36-28-369/464 複勝率20.5% 複勝回収率60%
8枠 34-31-39-376/480 複勝率21.7% 複勝回収率72%

 4枠が4勝と突出しているが、すべて1番人気でのもの。残りの4回で5〜8枠が1勝ずつしているが、2枠、3枠の複勝回収率が高く、全体的には、やや内枠が優勢だ。中京ダート1800m自体、内枠が強いコースとして知られており、それを裏付けるような数字になっている。

 気をつけたいのが1枠の不振。内枠有利のコース傾向に反して、[0-0-0-12]と全馬着外に沈んでいる。9頭が7番人気以内と比較的人気馬が多く、実力以上の人気になっている可能性は否めない。内枠有利を頭に入れつつ、過剰人気にも注意を払いたいところだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す