スマートフォン版へ

【東海S】反撃サンライズホープ 気合注入 チャンピオンズC15着から巻き返す

  • 2022年01月20日(木) 12時31分
 「東海S・G2」(23日、中京)

 重賞2勝目を狙うサンライズホープが態勢万全だ。19日、幸を背に栗東CWで併せた僚馬に1秒2先着。G1初挑戦となった前走のチャンピオンズCこそ15着と大敗したが、一線級と戦った経験を生かし、同じ舞台で反撃を狙う。ブルベアイリーデは、1週前に栗東坂路で自己ベストをマークしており、レース当週はソフトな内容。気配は申し分なく、重賞初制覇に向けて不安はない。

 いざ巻き返しだ。チャンピオンズC15着のサンライズホープは、19日幸を背に、栗東CWでナムラショウグン(5歳1勝クラス)と併せ馬。4コーナーで内に進路を切り替え、ゴーサインを出されると一気に加速。最後は突き放し、6F81秒7-37秒4-12秒0で1秒2先着を決めた。大跳びで迫力満点なフットワークは健在で、鞍上も「反応や息遣いは問題ないし、動きも良かった」と合格点だ。

 羽月師も「しまい重点で気合を入れる感じ。前走では当週がソフトな調教で(結果が)良くなかったので、今回は変えました」と調整の意図を説明。「ラスト1F12秒0はこの馬にしたら限界に近いですし、反応も良かった。よく動いていますね」と目を細めた。

 21年は4月にオープン入りすると、6月の三宮Sを楽勝し、10月のシリウスSで重賞初V。いずれも中京だったことから暮れのチャンピオンズCでも注目されたが、好位追走から直線で失速。師は「前走は走らなさ過ぎで」と首をかしげるが、「G1ならではのプレッシャーもあったのかもしれない」と初めて経験した大舞台に敗因を求める。

 ただ、前走こそ敗れたが、中京は〈2101〉と相性はいい。「ここに向けてしっかり調整してきて体調はいい。巻き返してほしいですし、いいレースをしてこの馬にとって飛躍の年にしてほしい」。G1という大きな壁にぶつかった5歳馬が、再び臨む桶狭間の決戦で、ひと皮むけた姿を披露してみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す