スマートフォン版へ

【次走】パンサラッサは金鯱賞、中山記念を視野に 昨年の福島記念を逃げ切り圧勝

  • 2022年01月21日(金) 19時50分
 有馬記念13着のパンサラッサ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)は、3月13日に行われる金鯱賞(4歳上・GII・芝2000m)が本線。メンバー次第では2月27日に行われる中山記念(4歳上・GII・芝1800m)を視野に入れる。

 パンサラッサは、父ロードカナロア母ミスペンバリーその父モンジューという血統。通算成績は18戦4勝。

 昨年の秋、オクトーバーSからの連勝狙いで挑んだ福島記念では、ハナを切ると、最後まで後続を寄せつけず4馬身差で勝利。デビュー17戦目で重賞初制覇を挙げた。

 前走の有馬記念では、強豪メンバー相手に後続をやや離して逃げていたが、最後の直線で沈み13着。今年の始動戦で巻き返しを図る。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す