スマートフォン版へ

【若竹賞レース後コメント】シンティレーション横山武史騎手ら

  • 2022年01月23日(日) 16時45分
中山9Rの若竹賞(3歳1勝クラス・芝1800m)は2番人気シンティレーション(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒1(良)。クビ差の2着に4番人気デインティハート、さらにハナ差の3着に3番人気パンテレリアが入った。

シンティレーションは美浦・池上昌和厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア母ファシネートダイア(母の父アグネスタキオン)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 シンティレーション(横山武史騎手)
「デビューした頃は緩いところがありましたが、返し馬の時にすごく良くなっているのが感じられました。今日の馬場がどうかなとは思いましたが、こなしてくれて、良いレースで勝つことが出来ました。これからさらに成長していけば楽しみです」

2着 デインティハート(大野拓弥騎手)
「思ったよりも良いポジションを取れて、内から良い脚を使ってくれました。イメージしていたよりもメリハリが効いたレースをすることが出来ました」

3着 パンテレリア(津村明秀騎手)
「馬が少しピリピリしていて出遅れましたが、上手くリカバリー出来て、良い位置で折り合ってレースを運べました。急にペースが上がって前の馬が下がってきて、ちぐはぐになりましたが、最後差を詰めたように力を示してくれました」

4着 オンリーオピニオン(柴田大知騎手)
「ハナに立って楽に行けました。勝つならこのようなレースだと考えていて、上手くいったと思いましたが、仕方がないです。体は良くなっていて、馬の状態も良かったのですが、仕方がないです。上手に競馬をしました」

5着 イルチルコ(C.ルメール騎手)
「もっと長い距離の方が良いです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す