スマートフォン版へ

【東海Sレース後コメント】スワーヴアラミス松田大作騎手ら

  • 2022年01月23日(日) 16時58分
中京11Rの第39回東海テレビ杯東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は7番人気スワーヴアラミス(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7(良)。半馬身差の2着に1番人気オーヴェルニュ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ブルベアイリーデが入った。

スワーヴアラミスは栗東・須貝尚介厩舎の7歳牡馬で、父ハーツクライ母ベイトゥベイ(母の父Sligo Bay)。通算成績は30戦9勝。

レース後のコメント
1着 スワーヴアラミス(松田大作騎手)
「去年の夏くらいから、一戦一戦成長しているとすごく感じていました。僕にとっても初めてのGII勝ちなので、この馬と一緒に達成できてすごく嬉しいです。本当はもう少し前に行きたかったのですが、行けなかったです。ただ以前は砂を被ると進んでいきにくいところがあったのですが、前走くらいから砂を被っても大丈夫になって、最後は『頼む、伸びてくれ』と必死になって追っていました。こういう形のレースが出来たのは収穫でした。成長してきてくれて嬉しいです」

2着 オーヴェルニュ(団野大成騎手)
「思っていたのとは違う形で直線まで来ましたが、それでもとてもスムーズでした。最後もアイオライトがふくれた分、内がぽっかり空いて、スムーズに追い出して、結果としては良いレースは出来ました。直線もサンライズホープを振り切った時点で勝てると思いました。あれだけ良い脚で来られると抵抗する間もなしという感じでした。力は示してくれました。あと少しでした」

3着 ブルベアイリーデ(M.デムーロ騎手)
「流れも馬の状態も良かったです。人気馬は前で楽に運んでいたので、捕まえにいくために早めに脚を使いました。4コーナーも動いて、直線を向いたら馬が一生懸命で、手前を替えませんでした。その分最後バテてしまいました」

4着 サンライズホープ(幸英明騎手)
「惜しいところまで来ています。2着馬と併せる形になって、前回はやめるようなところを見せましたが、今日はそのような面は見せませんでした。力があるので、次に期待です」

5着 カデナ(和田竜二騎手)
「ダートでしたが、後ろでリズム良く運ぶことが出来ました。楽しみです」

7着 ゲンパチルシファー(川島信二騎手)
「いつも通りの良い位置で運べました。オープンで戦って力をつけてくれれば良いですね」

13着 アイオライト(菱田裕二騎手)
「今日は前回ほどゆったり逃げることが出来ませんでした。力は十分あるので、次に期待です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す