スマートフォン版へ

【香・スチュワーズC】ゴールデンシックスティ2着に敗戦、7歳馬ワイククがG1・3勝目/海外競馬レース結果

  • 2022年01月23日(日) 21時41分
 現地時間23日、香港のシャティン競馬場でG1・スチュワーズカップ(3歳上・芝1600m・7頭立て)が行われた。

 道中は2番手を進んだ3番人気ワイクク(Waikuku、セ7、Z.パートン騎手)がラスト300m付近で先頭に立ち、後方の外から追い込んで一完歩ずつ差を詰めた1番人気ゴールデンシックスティ(Golden Sixty、セ6、C.ホー騎手)の追撃も凌ぎ、3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分34秒82(良)。

 ワイククは、父がトライマイベスト系のHarbour Watch、母London Plane、母の父Danehill Dancerという血統。香港のJ.サイズ厩舎の管理馬。

 2020年のスチュワーズC、昨年のクイーンズSJC(香G1)に続きG1・3勝目。前走は昨年の香港マイル(香G1)で7着だった。通算成績は25戦9勝。

 ゴールデンシックスティは父Medaglia d'Oro母Gaudeamus、母の父Distorted Humorという血統。香港のK.ルイ厩舎の管理馬。

 昨年の香港マイルまで16連勝を果たし、今回単勝1.1倍を切る断然人気に支持されていたが、約2年半ぶりに敗戦。香港最多連勝記録(サイレントウィットネスの17)の更新はならなかった。通算成績は21戦19勝。

※馬齢は現地表記に準ずる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す