スマートフォン版へ

【シルクロードS展望】高松宮記念に繋がる一戦、好走の条件とは

  • 2022年01月26日(水) 06時00分
 20年のモズスーパーフレア、18年のファインニードル、17年のセイウンコウセイ、16年のビッグアーサーと、過去10年で4頭がこのレースをステップ高松宮記念を制している。本番まで約2か月の間隔があるハンデGIIIながら、GI戦線を占う上で重要な一戦。

1.末脚が要求される

 コース改修以降に行われた中京芝1200mの古馬オープン26レース中、逃げての1着は20年高松宮記念モズスーパーフレアだけ。これも繰り上がりでの1着だった。昨年の同レースも4角9番手から馬場の真ん中に出されたシヴァージが差し切り勝ち。直線が長いだけに逃げて押し切るのは容易ではなく、終いの脚が要求されやすい。

2.小柄より大型馬

 コース改修以降に行われた中京芝1200m古馬オープンの成績を、馬体重別で見てみると、440〜459kgは連対率7.1%、460〜479kgは連対率9.1%なのに対し、480〜499kgは連対率16.0%、500〜519kgは連対率15.6%、520〜539kgは連対率13.3%。

3.軽ハンデ馬の台頭の余地は小さい

 過去10回中8回で57kg(牝馬は55kg)以上を背負った馬が勝利しており、斤量が重くなるほど成績が上がる傾向が出ている。高松宮記念ステップとして重要性が増すとともにメンバーレベルが上がっており、軽ハンデの格下馬が好走する余地は小さくなっている。

 ジャンダルムは昨年のセントウルSで出遅れて万事休したかと思いきや上がり32秒6の強烈な末脚で4着まで盛り返したように、スプリント重賞でも勝ち負けするだけの能力はある馬。今回は明け7歳の休み明けだが、坂路調教で抜群の動きを見せておりいきなり期待できるだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す