スマートフォン版へ

【POG】3歳戦独断評価(22、23日) 将来性十分!ブリッツファング

  • 2022年01月25日(火) 13時10分
 3歳新馬戦が22日(土)、23日(日)の中山、中京、小倉競馬で計7レースが行われた。土曜中京3Rは、今年の新馬戦で既に3勝を挙げていた栗東・大久保厩舎が自信をもって送り出したブリッツファング(牡)が、好位から抜け出して2着馬に7馬身差の圧勝。単勝1・7倍の圧倒的1番人気に応えた。



先週の新馬勝ち馬評価一覧

ブリッツファング(牡、父ホッコータルマエ、栗東・大久保)

 土曜中京3R・ダート1800m、池添「調教も動いていたし、攻め通りなら勝ち負けかなと思っていました。まだ道中の手前の変え方などがぎこちなかったりしますが、直線に向いてからの反応も良かったです」(レース評価A、将来性★★★★)

キタサンシュガー(牝、父キタサンブラック、栗東・清水久)

 日曜中京6R・芝1600m、坂井「道中の折り合いもつきましたし、最後の脚はすごくいいものを持っています。これからが楽しみな馬です」(B、★★★★)

クールライズ(牡、父ダノンレジェンド、美浦・伊藤圭)

 土曜中山3R・ダート1200m、永野「調教からいい動きをしていましたからね。道中から楽だったし、強い内容でした」(B、★★★)

ジョイス(牡、父リオンディーズ、美浦・斎藤誠

 土曜中山4R・ダート1800m、横山武「返し馬からいい走りをしていましたが、まだ子どもっぽいところもありました。4角で外に持ち出したときに手前を変えてしまって、他馬に迷惑をかけてしまいましたが、最後まで余裕がありましたからね。今後が楽しみです」(B、★★★)

エバーハンティング(牝、父ハービンジャー、美浦・小島)

 日曜中山6R・芝2000m、横山琉「先頭に立って物見をしていましたが、調教にも乗って癖をつかんでいました。それ以外は集中して走れましたし、勝てて良かったです」(B、★★★)

カネコメシスター(牝、父エスポワールシチー、栗東・中尾)

 日曜中京3R・ダート1200m、森裕「道中で砂をかぶったり不利もありましたけど、馬が冷静に走ってくれました。新馬としては強い勝ち方だったと思います。次はメンバーも強くなると思いますけど、どれくらい粘れるか」(B、★★★)

ツッチーフェイス(牝、父ハービンジャー、栗東・今野)

 日曜小倉5R・芝1800m、小沢「結構外々を回る形でしたが、強いレースをしてくれましたね。下が悪い馬場でも苦にせず走ってくれたし、ハービンジャー産駒なのでそういう面ではプラスだったのかもしれません。馬も最後まで頑張ってくれました」(C、★★★)

(評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す