スマートフォン版へ

船橋の林幻騎手、米重賞騎乗も大敗

  • 2007年04月15日(日) 07時00分
 現地時間14日、米・オークローンパーク競馬場で行われたアーカンソーダービー(3歳、米G2・ダート9f)に、渡米中の林幻騎手(23、船橋・渡邊薫厩舎)が、8番人気オリンピックチーフ Olympic Chief(牡3、米・J.デイヴィッドソン厩舎)で出走。好位4番手を進んだが徐々に後退し、8着馬から28.1/4馬身離された最下位9着に敗れた。

 勝ったのはR.アルバラード騎手騎乗の1番人気カーリン Curlin(牡3、米・S.アスムッセン厩舎)。2番手追走から直線で後続を突き放し、2着に10.1/2馬身差をつけ圧勝した。勝ちタイムは1分50秒09(良)。これで2月のデビュー戦(ダート7f)で12.3/4馬身、2戦目のレベルS(米G3・ダート8.5f)で5.1/4馬身と、圧勝続きで無傷の3連勝となった。通算成績3戦3勝(重賞2勝)。

 林幻(はやし げん)騎手は83年11月24日生まれの23歳。02年4月にデビューし、地方通算735戦51勝の成績を残している。昨年の6月からキーンランド競馬場のL.レー調教師の元で研修を行っており、研修期間は07年末頃までの予定。今回が、国内・海外通じての重賞初騎乗だった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す