スマートフォン版へ

コントレイルが5位にランクイン、トップはニックスゴー ワールドベストレースホースランキング

  • 2022年01月26日(水) 20時30分
 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は25日、2021年度の「ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」を発表した。2021年1月1日から12月31日までに出走した馬が対象で、国際ハンデキャッパー会議において決定されたものとなっている。

 レーティングが115以上の279頭(実頭数)がランク付けされ、日本は42頭が掲載された。国別では、アメリカ(62頭)、オーストラリア(48頭)、英国(48頭)、に次いで第4位だった。

 2021年のランキングトップはニックスゴーで、レーティングは129。レーティングの対象となったのは、ハイペースで逃げて後続を寄せ付けずに快勝したBCクラシック(G1)。11月の中間発表では128だったが、BCクラシックで負かした3歳馬の評価を見直したことから上方修正されたもの。また、ホイットニーS(G1)のレーティング125も距離区分「M」のトップとなった。

 第2位タイはアダイヤー、ミシュリフ、セントマークスバシリカの3頭でレーティングは127。それぞれキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)、インターナショナルS(G1)、エクリプスS(G1)が対象レースとなっている。

 第5位はレーティング126でジャパンC(GI)を勝ったコントレイルがランクイン。これは日本調教馬のトップ。第6位タイにバーイード、ゴールデンシックスティ、パレスピア、トルカータータッソの4頭がレーティング125で入っている。対象レースは、それぞれクイーンエリザベス2世S(G1)、香港マイル(G1)、ロッキンジステークス(G1)、凱旋門賞(G1)。バーイードはパレスピアを直接降したレース内容が見直され、11月の中間発表から上方修正された。

 コントレイル以外の日本調教馬は、天皇賞・秋(GI)、有馬記念(GI)などを勝ったエフフォーリアがレーティング124で第10位タイ、香港ヴァーズ(G1)を勝ったグローリーヴェイズが123で第15位タイ、ジャパンC2着のオーソリティ有馬記念2着のディープボンドが121で第27位タイ、クロノジェネシスグランアレグリアシャフリヤールテーオーケインズが120で第36位タイ、などとなっている。

 また、JRAは同日、「2021年度JPNサラブレッドランキング」を発表。2歳トップは無傷の3連勝で朝日杯FSを制したドウデュースの116ポンドで、牝馬は阪神JFを勝ったサークルオブライフが112でトップとなっている。

 3歳トップはGI・3勝を挙げたエフフォーリアで124、2位は120でダービー馬のシャフリヤール、牝馬のトップは115をマークした桜花賞ソダシ。4歳以上ではコントレイルが126でトップ、グローリーヴェイズが123で続き、牝馬ではグランアレグリアクロノジェネシスが120で並んでいる。

 ダートのトップはチャンピオンズCを勝ったテーオーケインズで120、牝馬は日本馬として初めてBCディスタフを制する偉業を成し遂げたマルシュロレーヌで116となっている。
※馬齢は競走時。

(JRA発表による)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す