スマートフォン版へ

名馬の登竜門セントポーリア賞に注目 ウィズグレイスがV候補筆頭

  • 2022年01月27日(木) 06時07分
 30日東京9Rのセントポーリア賞の勝ち馬には過去に多くの活躍馬がおり、古くは95年のジェニュイン皐月賞を制し、15年のドゥラメンテ皐月賞とダービーを制して2冠馬となり、21年のグレートマジシャンもダービーで4着に善戦した。22年も粒ぞろいで、大物を輩出しそうな雰囲気がある。

 最有力候補はディープインパクト産駒ウィズグレイスだ。前走の未勝利戦は後続に6馬身差をつけて圧勝。V時計の1分58秒5は2歳レコードで、従来のものを0秒7も更新する優秀さだ。国枝師は「正直、ビックリしたよ」と前走を振り返る。心身ともに成長途上のところがあり、良くなるのは先だと思っていたからだ。「まだかな、という感じであのパフォーマンス。今回は前走よりも良くなっているし楽しみ」と期待は大きい。

 父ドゥラメンテとの親子Vを狙うドゥラドーレスも将来有望な素質馬だ。宮田師は「前回と同じ舞台で期待しています」と意欲を見せる。他にも素質馬がそろっており、見逃せない一戦になりそうだ。(デイリースポーツ・小林正明)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す