スマートフォン版へ

【シルクロードSレース後コメント】メイケイエール池添謙一騎手ら

  • 2022年01月30日(日) 18時48分
中京11Rの第27回シルクロードステークス(4歳以上GIII・芝1200m)は2番人気メイケイエール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1(良)。1馬身差の2着に7番人気シャインガーネット、さらにクビ差の3着に3番人気ナランフレグが入った。

メイケイエールは栗東・武英智厩舎の4歳牝馬で、父ミッキーアイル母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。通算成績は9戦5勝。

レース後のコメント
1着 メイケイエール(池添謙一騎手)
「枠入りを少し嫌がっていましたが、落ち着きはありました。正直、内枠が当たってどうしようと思っていました。良い並びではなかったので、考えていましたが、腹を括ってレースをしました。レース前は馬具を外す予定でしたが、厩務員と相談して外さずに行きました。行きたがっていましたが、我慢してくれました。パシュファイヤーの効果もあったようです。レースで上手に走って、抜けてからも踏ん張ってくれました。しっかりレースをすれば、力のあるところを見せてくれました。厩舎の人たちが、この馬を何とか立て直そうとしていたのを見たり聞いたりしていました。前哨戦とは言え、勝てて(その厩舎の人たちの苦労が)報われたので良かったです」

2着 シャインガーネット(田辺裕信騎手)
「左回りの成績が良く、折り合い面から1200mは楽しみにしていました。今回は賞金を加算出来ましたし、私自身が使いたいと思っていた、高松宮記念が次の目標になると思います。良い形で挑めればと思います」

3着 ナランフレグ(丸田恭介騎手)
「スタートが良く、道中の雰囲気も良く、中京のコースは合うなと思いました。多少重たさが...という感じもありましたので、まだ上がり目がありそうです。最後の最後で脚色が鈍りました」

4着 ホープフルサイン(太宰啓介騎手)
「内々をロスなく運べましたし、直線もロスなくこれました。乗りやすい馬ですし、こういう馬場も良かったと思います」

5着 タイセイアベニール(幸英明騎手)
「展開待ちのようなところがありますが、しっかり脚は使ってくれるので、展開一つで十分チャンスはあります」

6着 エーポス(亀田温心騎手)
「スタートも良く、行く馬を行かせて、その後ろに控えて脚を溜めていけたらと思いましたが、外から被せられて、直線ゴチャつく感じになりました。最後も脚は使っているのですが...。もう少し馬場が綺麗な方が走りやすいと思います。もう一列前の方が良かったと思います」

11着 レッドアンシェル(和田竜二騎手)
「良いリズムで来ていますが、前が開いた時に反応しきれず、最後詰まるようになってしまいました。良い頃なら(反応して)伸びてくるのだと思います。でもやめている感じはありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す