スマートフォン版へ

【東京新聞杯レース後コメント】イルーシヴパンサー田辺裕信騎手ら

  • 2022年02月06日(日) 20時21分
東京11R第72回東京新聞杯(4歳以上GIII・芝1600m)は4番人気イルーシヴパンサー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒3(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気ファインルージュ、さらにクビ差の3着に2番人気カラテが入った。

イルーシヴパンサーは美浦・久保田貴士厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ母イルーシヴキャット(母の父キングカメハメハ)。通算成績は9戦5勝。

レース後のコメント
1着 イルーシヴパンサー(田辺裕信騎手)
「(最後の伸びには)僕もびっくりしました。もともとオープンで走っていた馬で、自己条件から連勝してきたのですが、1回また同じ(オープンの)舞台に立ってどれだけやれるかと思っていました。成長は感じていたものの、これほどあっさり差し切ってくれるとは驚きました。レース前は前回のレースの形がいいのかと考えていたのですが、折り合いなど課題のあった馬なので、馬のリズムを一番に考えて進めました。この馬とコンビを組むようになって、1戦ごとに成長を感じています。元々カーッとするところのあった馬がレースに落ち着いて臨めるようになりました。やっとまたオープンで一線級の馬と戦えるようになりました。もちろんGIに向けて今後楽しみです」

(久保田貴士調教師)
「他人事のようですがすごい切れ味でしたね。結果的に内がゴチャついていた中で上手く外に出して良いところを通れました。最後の脚は本当にすごいなと思いました。このメンバーで完勝してくれたのでこの春は目標のGIに堂々と行きたいなと思っています。本番と同じ舞台でこれほど強いとはね。驚いています。あとはローテーションですね。休み明けでも今日のようにしっかり走れる馬ですからレースを挟むかぶっつけにするか色々考えたいと思います。師匠の高橋祥泰調教師と師匠の引退前に同じ舞台でこれだけいい勝負が出来たのは良かったと思います。レース後おめでとうと声をかけて頂きました。優しい先生です。今後は師匠の意向を引き継いで仕事をしていきたいと思います」

2着 ファインルージュ(C.ルメール騎手)
「休み明けで+16kgでした。良いスタート、良いポジションでしたが、カーブでポジションが少し下がってしまいました。直線での手応えはちょうど良かったですし、スペースが出来た時は抜けてきました。最後は良い脚を使ってくれました。これからさらにコンディションが良くなるでしょう」

4着 カレンシュトラウス(津村明秀騎手)
「一瞬夢を見るくらいの脚でした。最後は良い脚を使ってくれました。まだ緩いところはありますが、じっくり溜めて行ければいい脚を使ってくれます。シンプルなワンターンのコースが良いと思います」

5着 ドナアトラエンテ(M.デムーロ騎手)
「頑張ってくれました。良い所につけられて、直線では行きっぷりが良かったのですが、坂を上がってから苦しくなってしまいました」

7着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「内に押し込められてきつい競馬になってしまいました。馬は落ち着いていて良化していましたし、見劣らない感じでした。重賞でもやれていますし、まだまだ先も楽しめると思います」

8着 カテドラル(戸崎圭太騎手)
「ゲートは出てくれましたが、二の脚がつかず後ろからになりました。勝った馬の後ろについていましたが、斤量の差もあったでしょうか、最後はジリジリとした脚になりました」

14着 トーラスジェミニ(横山武史騎手)
「この馬に乗ってみたいという楽しみがありました。どんな馬なのだろうと思っていました。ブリンカーを着けたことで逃げる競馬を選択しました。平均ペースぐらいで逃げられましたが、負けすぎです。気持ち的にやめてしまっています」

15着 マルターズディオサ(松岡正海騎手)
「展開が合いませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す