スマートフォン版へ

【きさらぎ賞レース後コメント】マテンロウレオ横山典弘騎手ら

  • 2022年02月06日(日) 20時43分
中京11Rの第62回きさらぎ賞(3歳GIII・芝2000m)は2番人気マテンロウレオ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒5(稍重)。ハナ差の2着に3番人気ダンテスヴュー、さらに1馬身半差の3着に8番人気メイショウゲキリンが入った。

マテンロウレオは栗東・昆貢厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ母サラトガヴィーナス(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 マテンロウレオ(横山典弘騎手)
「勝てて良かったです。いつも通りリズム良く行き、1コーナーの入りも良かったです。頭数も少なかったのでゆっくり乗りました。道中は気分良く走っていました。馬場がボコボコしてタフだったので最後はアップアップでしたが、良く凌いでくれました。大したものです。レースを見ての通り、良い素質があるので、順調にいって欲しいです」

(昆貢調教師)
「前走から日数が経っていないので、馬がやる気になっていました。今日の調子でホープフルSに行っていればいい勝負になったと思います。元々長く脚を使える馬で、勝負根性が良いので最後にグイっと出てくれますね。負けたら意味がないので勝ってくれて良かったです。個人馬主の中では寺田オーナーの馬でまだGIを勝てていないので、プレゼントしたいです。(同じオーナーの3歳有力馬は)2頭いるので、この後の路線をどうするか考えます。若い馬でどう成長するか分からないので、見極めてから決めます」

2着 ダンテスヴュー(川田将雅騎手)
「東京スポーツ杯よりもだいぶ成長できて動きつつあると追い切りの時言いましたがそれの通りでした。動きつつあるという状態なので動き切れはしなかったのですが、着差が僅かだったので何とかしたかったですね。馬は現状の精一杯の走りをしてくれました」

3着 メイショウゲキリン(幸英明騎手)
「前でよく粘ってくれたのですが、直線でフワフワしたのがもったいなかったです。力はあると思います」

4着 アスクワイルドモア(武豊騎手)
「ズブいのはいつものことで、4コーナーで早目に対処して伸びては来ましたが、もう少し機敏さが欲しいですね」

5着 ストロングウィル(松山弘平騎手)
「スタート良く思っていた位置につけて、競馬を運べました。ただ、追い出して少し頭を上げて苦しそうにするところがありました。跳びが綺麗な馬なので、今の中京の馬場は合っていないかもしれません」

6着 フォースクエア(池添謙一騎手)
「1〜2コーナーで不利を受けて位置取りが悪くなってしまいました。そこでスムーズに流れに乗れなかったので痛かったですね。2走目で気合いが乗っていたので落ち着きが欲しいかなと思ったのですが、今日は1〜2コーナーの不利が全てです」

10着 エアアネモイ(福永祐一騎手)
「元々喉に疾患のある馬です。今まで走っている分には出なかったのですが、今日は気温も低かったせいか最後は脚を使えませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す