スマートフォン版へ

【共同通信杯 血統データ分析】新種牡馬ながら堅実性が目立つドレフォン産駒

  • 2022年02月11日(金) 10時10分
 13日に東京競馬場で行われる共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる13回も馬券に絡んできたディープインパクトだが、今年は出走馬が不在。次点で2回のフジキセキハーツクライキングカメハメハが続く。

 ロードカナロア産駒は[0-0-0-1]。産駒初出走となった昨年はディオスバリエンテが5人気11着。東京芝1800mではステルヴィオが18年毎日王冠で2着となっているものの、まだ3勝クラス以上では[0-1-2-20]と勝利例がない。今年はダノンスコーピオンレッドモンレーヴの2頭が出走を予定しており、前者は上位人気と目されるだけに動向を注視したい。

 ハーツクライ産駒は[1-1-0-5]。17年1着スワーヴリチャード、21年2着ヴィクティファルス、前者は2人気、後者は7人気で好走する一方で、18年グレイルは7着、20年マイラプソディは4着と1人気に支持された2頭が馬券圏外に敗れている点は気になるところ。今年はダノンベルーガが出走予定。

 初出走となるドレフォン産駒はジオグリフが上位人気を担いそう。同種牡馬の産駒は東京芝1800mで[1-0-0-3]。馬券圏内への好走例こそ新馬勝ちしたジオグリフに限られるが、ヴァンドールが5着、ワープスピードが4着、ドリームビリーバーが5着、いまだに掲示板外に敗れた馬もいない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す