スマートフォン版へ

【クイーンCレース後コメント】プレサージュリフト戸崎圭太騎手ら

  • 2022年02月12日(土) 18時41分
東京11Rの第57回デイリー杯クイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は2番人気プレサージュリフト(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。クビ差の2着に1番人気スターズオンアース、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ベルクレスタが入った。

プレサージュリフトは美浦・木村哲也厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー母シュプリームギフト(母の父ディープインパクト)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 プレサージュリフト(戸崎圭太騎手)
「とても嬉しいです。(ゲートの)扉が開く時に怖がるところがあるということだったので、覚悟していました。外枠でしたし、ゴチャゴチャしたところは嫌だなと思っていましたので、外目をリズム良く運べました。乗りやすくて非常に良かったです。手応えも十分でした。

 しかし、外を回っていましたし、内の馬たちがどこまで伸びるかと思っていました。この馬も伸びてくれましたし、フットワークも良く、強い内容でした。新馬戦も素晴らしい勝ち方をしていたので、今日も期待していました。強いメンバー相手にこれだけのパフォーマンスを見せてくれたので楽しみです。乗りやすい馬で、2戦目でもテンションが上がらずに落ち着いていましたし、筋肉の質なども良さそうな感じがします」

2着 スターズオンアース(横山武史騎手)
「良いポジションで競馬ができました。もう少し引っかかるかと思いましたが、思った以上にスムーズでした。ただ、坂の所で右にモタれてしっかり追えないところがありました。能力は良いものがあります。今後は張る面が課題になります」

3着 ベルクレスタ(松山弘平騎手)
「内枠は良かったと思うのですが、思った以上にポジションが下がってしまい、良い位置でレースができませんでした。甘くなりやすい馬なので、折り合いなど我慢して進め、終いは良い脚を使ったのですが、ポジションが下がったのが残念です」

4着 ラリュエル(坂井瑠星騎手)
「イレ込みは許容範囲でした。良いリズムでレースを進められたのですが、直線で上手く捌けませんでした。スムーズならもうひと伸びできたと思います」

5着 モズゴールドバレル(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っています。直線でも脚は使ってくれたのですが、坂のあたりで甘くなりました。まだこれから良くなる馬です」

6着 ウインエクレール(松岡正海騎手)
「少しイレ込んでいました。気の悪い面が出てきています。スタートも立ち遅れ気味で、直線も伸び切れませんでした。今後はテンションが課題になります」

7着 ロムネヤ(C.ルメール騎手)
「精一杯頑張っています。まだパワーが少し足りない感じです」

8着 モカフラワー(石川裕紀人騎手)
「まともに勝負に行きました。2番手からの競馬でしたが、最後は脚が上がってしまいました。距離はもう少しあってもいいかと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す