スマートフォン版へ

【京都記念レース後コメント】アフリカンゴールド国分恭介騎手ら

  • 2022年02月13日(日) 19時14分
阪神11Rの第115回京都記念(4歳以上GII・芝2200m)は12番人気アフリカンゴールド(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に8番人気タガノディアマンテ、さらにクビ差の3着に6番人気サンレイポケットが入った。

アフリカンゴールドは栗東・西園正都厩舎の7歳セン馬で、父ステイゴールド母ブリクセン(母の父Gone West)。通算成績は27戦5勝。

レース後のコメント
1着 アフリカンゴールド(国分恭介騎手)
「良い馬に乗せていただき幸せです。他の馬にペースをにぎられるより自分でにぎった方が、今日のメンバー構成なら良いだろうと調教師の先生と話していました。その通りの流れになりました。

 この馬は(道中の)手応えという感じの走り方ではなく、促せば促すほど頑張って走ってくれるというイメージでしたので、手応えは気にはしませんでした。ペースが速くなかったので(他馬が)来そうだなというのは頭に入れていたので、仕掛けの遅れがないように気をつけていました。

 今でも勝利を確信できないぐらい嬉しいです。馬に対してはありがとうという気持ちだけです。続けて乗せて下さった関係者の皆様にも感謝です。馬は年を取っていますが、元気です。またこれからも応援してください」

2着 タガノディアマンテ(幸英明騎手)
「道中はずっとハミを噛んで走っていました。折り合いさえついていれば最後の伸びも違ったと思います」

3着 サンレイポケット(鮫島克駿騎手)
「ポイントの右回りは問題なかったです。開幕週の内回りで、思った位置を取ることが出来ませんでした。前残りの展開で、仕方ないです」

4着 ジェラルディーナ(福永祐一騎手)
「スタートは良かったのですが、今日はリズムを守りながら競馬をしようとイメージしていたら、位置が悪くなりました。それでも外から長く良い脚を使ってくれましたし、もう一列前で競馬が出来ていたらと思います。それでも課題のゲートは上手に出てくれましたし、流れが向かなかった感じです」

5着 ユーバーレーベン(M.デムーロ騎手)
「今日は後ろから行っても難しいので、前の位置でレースをしました。3番手で、向正面ではずっとプレッシャーをかけられてしまいました。プレッシャーをかけられるのは好きではないので......」

6着 レッドガラン(斎藤新騎手)
ユーバーレーベンマリアエレーナを見ながら良い位置で運べました。3コーナーでペースが上がった時も、しっかり脚を溜められましたし、最後もしぶとく踏ん張ってくれました。2200mは初めてでしたし、メンバーが強化された中で良い経験になったと思います」

7着 エヒト(松田大作騎手)
「ペースがだいぶ落ち着きましたし、瞬発力勝負はしんどかったです。もう少し流れた方が良かったです」

9着 ラーゴム(池添謙一騎手)
「スタートから流れに乗せて行きました。1コーナーで他の馬に囲まれて、引っ掛かりました。うまく進めることが出来ませんでした」

11着 マカヒキ(岩田望来騎手)
「中途半端な競馬になってしまいました」

13着 レッドジェネシス(藤岡康太騎手)
「スタートが速くないので、後ろからになってしまいました。向正面で行く気を見せて上がっていきましたが、3コーナーで突っ張って、気の悪さを見せていました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す