スマートフォン版へ

【共同通信杯レース後コメント】ダノンベルーガ松山弘平騎手ら

  • 2022年02月13日(日) 19時14分
東京11Rの第56回共同通信杯(3歳GIII・芝1800m)は3番人気ダノンベルーガ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒9(稍重)。1馬身半差の2着に1番人気ジオグリフ、さらに1馬身半差の3着に8番人気ビーアストニッシドが入った。

ダノンベルーガは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ母コーステッド(母の父Tizway)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ダノンベルーガ(松山弘平騎手)
「重い馬場でしたが、良い脚を使って強い競馬でした。道中は人気馬を見ながら進むことが出来ましたし、しっかりと溜めも利いていました。追ってからは良い反応で突き抜けてくれました。デビュー戦で石橋脩騎手がレースを教えてくれていて、乗りやすかったです。

 返し馬の雰囲気も良かったですし、乗り味が良く、良い馬だと思いました。凄いものを持っています。良馬場だともっと良いパフォーマンスが出来ると思います。これからまだまだ成長できる馬です。大きい舞台に行っても楽しみです」

2着 ジオグリフ(C.ルメール騎手)
「良いスタートを切ってくれました。4番手になってから冷静に走れていました。ずっと良い感じでしたし、直線では良い脚を使ってくれました。こういう馬場でも良い反応でしたし、前の方に行ったので、良い経験になったと思います。能力はあるので今後も楽しみです。2000mに延びても大丈夫です」

3着 ビーアストニッシド(飯田助手)
「積極的に乗ってくれました。手応えがないかなと思っていましたが、追い出してからしっかりとしていました。ジョッキーも止まっていないと言っていました。瞬発力を見せてくれましたし、よく頑張ってくれました」

4着 ジュンブロッサム(武豊騎手)
「間隔が空きましたが、成長して良くなっています。良い競馬が出来ました。まだまだ良くなってくると思います」

5着 アサヒ(田辺裕信騎手)
「スタートがうまくいきませんでした。未勝利戦でも出なかったことがありました。今日は出る感じではありませんでした。結構致命的な遅れを取ってしまいました。調教の雰囲気は良かったので、楽しみにしていたのですが......」

6着 レッドモンレーヴ(戸崎圭太騎手)
「返し馬で良い馬だと感じていました。スタートセンスの良い馬です。壁を作りたかったのですが、前々で気持ちが入って、リラックス出来ていない感じでした。最後は苦しくなってしまいました」

8着 アバンチュリエ(横山武史騎手)
「明らかに1800mは長かったです。スタートに課題はありますが、一番速かったぐらいで、改善されたのは良かったです。1600m、1400mと徐々に縮めていくと良いのかもしれません」

9着 アケルナルスター(柴田大知騎手)
「さすがに一線級のメンバーが揃っていましたが、頑張ってくれました。馬場もこなしてくれましたが、ここまででした。今回が良い経験になると思いますし、さらに力をつけてくれると思います」

10着 サンストックトン(松岡正海騎手)
「馬場が向きませんでした。緩い馬場はダメですね」

11着 エイシンシュトルム(石川裕紀人騎手)
「食らいついていました。口向きが難しいかもしれないと聞いていましたが、その通りでした。その中でも我慢して走っていました。自己条件からですね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す