スマートフォン版へ

【京都牝馬S「見逃せない調教師」ベスト3】阪神芝1400mで複勝率46.2%、複勝回収率は250% 穴を狙うならこの調教師!

  • 2022年02月16日(水) 20時37分
 京都牝馬Sに管理馬を登録している19人の調教師のうち、2016年以降の阪神芝1400mにおける勝利数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出。京都牝馬Sで馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は吉村圭司調教師。集計期間内に阪神芝1400mで3勝を挙げ、複勝率34.8%。昨年は、この条件のりんどう賞ダークペイジで勝利している。複勝回収率が186%と非常に優秀なので、3着内の穴候補として注目したい。

 今年はアクアミラビリスが出走予定。ここ2走は大敗だが、4走前には1400mの志摩Sをレコードで快勝している。7戦4連対のベスト距離に戻って奮起がありそうだ。

 2位は清水久詞調教師。集計期間内に阪神芝1400mで8勝を挙げ、複勝率30.9%。68回出走して21回の馬券絡みはメンバー最多で、複勝回収率101%とベタ買いでもプラスになっている。不利な「今回延長」のローテを除くと複勝率36.2%、複勝回収率126%とさらに成績がアップ。

 今年はビップウインクが出走予定。同距離の3勝クラス・トリトンSからの連勝を狙う。相手は強くなるが、ここ3走で11番人気3着、8番人気1着と激走を果たしているように意外性のあるタイプ。案外、通用してしまうかもしれない。

 第1位に輝いたのは寺島良調教師。集計期間内に阪神芝1400mで2勝を挙げ、複勝率46.2%。17年から18年にかけて7連続馬券内というラッシュがあり、その中には13番人気2着、13番人気2着、8番人気2着など人気薄も含まれていた。この条件なら人気薄でも軽視は禁物だ。

 今年はジュランビルが出走予定。前走のターコイズSは16頭立ての16番人気という低評価だったが5着に善戦。先行した組では最先着を果たしており、決して展開に恵まれたわけではない。1ハロンの短縮でさらなる粘り腰を発揮してくれそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す