スマートフォン版へ

【ダイヤモンドS 血統データ分析】毎年、上位入線を続けるハーツクライ

  • 2022年02月17日(木) 12時33分
 19日に東京競馬場で行われるダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる8回の馬券絡みがハーツクライ。次点で5回のディープインパクトが続き、3回がキングカメハメハとなっている。

 ハーツクライ産駒は[4-2-2-8]。フェイムゲームが14年1着、15年1着、16年2着、18年1着とリピーターとして活躍するほか、13年アドマイヤラクティも勝ち馬として名を連ねる。産駒出走機会のあった過去9回で3着以内に好走できなかった年は2020年に限られ、その年においてもレノヴァールが3着とハナ差の4着で入線していた。今年はアドマイヤアルバゴーストの2頭が出走予定。

 キングカメハメハ産駒は[2-1-0-10]。実頭数ではハーツクライに並ぶ勝利数となり、12年ケイアイドウソジンは15人気、19年ユーキャンスマイルは1人気と勝ち馬の人気に幅があることも特徴のひとつ。今年はカウディーリョランフォザローゼスの2頭が該当する。

 オルフェーヴル産駒は[0-1-1-2]。ステイゴールドの直仔で、ドリームジャーニーの全弟にあたる種牡馬。20年3着オセアグレイト、21年2着オーソリティと2年連続好走中なので、今後の動向が注視される種牡馬といえるだろう。今年はメロディーレーンが該当する。

 なお、初出走となるゴールドシップ産駒はヴェローチェオロが上位人気と目される。東京芝3400mはダイヤモンドSでしか使用されないコースのため種牡馬データこそないが、ステイゴールドの直仔、ドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟と母の父メジロマックイーンが共通する配合は注目に値するものだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す