スマートフォン版へ

【京都牝馬S予想】ヴィクトリアマイルを見据えた古馬牝馬が集結する短距離重賞

  • 2022年02月19日(土) 06時35分
 ヴィクトリアマイルへと続く牝馬の短距離重賞で、昨年に引き続き阪神競馬場で行われる京都牝馬ステークス。例年であれば京都競馬場の外回りコースが使用されるのだが、今年も阪神競馬場の内回りコースが使用される。2コーナーポケットからのスタートでスタート直後は激しい先行争いが繰り広げられ、最後の直線に向くまではなだらかな下り坂となるが、ゴール前に急坂が待ち受ける難コース。ほぼ平均ペースでイベリスが逃げ切った昨年はむしろ例外で差し、追い込み馬に有利なコースだ。

 ◎プールヴィルフィリーズレビューに勝って桜花賞6着。勝ったグランアレグリアを別格にすれば2着馬とは0.2秒差。マイルよりも1400mを得意としており、一昨年のオーロカップを勝ったあとは阪神牝馬S4着、ヴィクトリアマイル、出走取消の憂き目にあった関屋記念を挟んで昨秋のオーロカップも4着。なかなか順調に使い込めない馬だが、芝1400m戦は12戦して4勝2着4回3着1回と堅実だ。

 〇ロータスランドは昨夏のサマーマイルチャンピオン。爪の不安で出世が遅れたがデビュー2戦目のもみじSではラウダシオンの2着するなど早くから、その頭角を垣間見せていた馬だ。暑い夏に米子S中京記念、そして関屋記念を走りぬいた反動は大きく秋は精彩を欠いてしまったが、しっかり休んでここに備えたはず。阪神コースはGI競走を除けば5戦4勝2着1回と得意としているコース。軽視はできない

 ▲スカイグルーヴ京成杯2着馬。フローラS5着で、紫苑Sも9着とはいえ勝ち馬からは0.5秒差だった。昨年秋からは自己条件戦からの出直しを図り、同時に距離を短縮。しらかばSでは1200m戦のペースにもしっかりと対応し、前走の白秋Sでは強い内容で2勝目を挙げた。本当の意味でのベストディスタンスについてはまだ未知数の部分を残すものの、前走と同じ距離なら見せ場以上が期待できそうだ。

 昨年の2着馬ギルデッドミラー、この距離で8戦して5勝2着1回の良血△ドナウデルタ。最後に、芝に戻れば侮れない△クリスティと付記しておく。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す