スマートフォン版へ

【京都牝馬Sレース後コメント】ロータスランド岩田望来騎手ら

  • 2022年02月19日(土) 19時26分
阪神11Rの第57回京都牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1400m)は5番人気ロータスランド(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒7(良)。半馬身差の2着に1番人気スカイグルーヴ、さらに1馬身差の3着に2番人気タンタラスが入った。

ロータスランドは栗東・辻野泰之厩舎の5歳牝馬で、父Point of Entry母Little Miss Muffet(母の父Scat Daddy)。通算成績は13戦6勝。

レース後のコメント
1着 ロータスランド(岩田望来騎手)
「すごくホッとしています。(重賞初勝利となるので)今回のレースはこれまでのどのレースよりも、最後の直線が長く感じました。内から行く馬を行かせて2番手からレースをしましたが、レースセンスが良く、レースがしやすい馬です。ペースは少し速いかなと思いましたが、切れる馬ではないので、早めに行きました。直線ではフラフラするところがあるので、真っすぐ走らせるようにしました。今日は馬体重がプラス18キロで、成長分だと思います。もう一段パワーアップしています」

2着 スカイグルーヴ(C.ルメール騎手)
「すごい良い競馬でした。勝った馬の後ろで、良いポジションを取れました。いつも通り少しずつ伸びてくれます。最後まで頑張ってくれました。距離はピッタリです。重賞レベルの馬です」

3着 タンタラス(川田将雅騎手)
「とても良い内容で走ってくれて、最後まで全力で頑張って、良い走りをしてくれたと思います」

4着 シゲルピンクルビー(和田竜二騎手)
「落ち着いて上手に走ってくれましたが、思ったより流れませんでした。伸び負けてもいません。チャンスはあると思います。1400mの方が競馬がしやすいですね。この条件は確実に走ってくれるので、展開さえ向けばと思います」

5着 サンクテュエール(藤井勘一郎騎手)
「今回初めての1400mで、集中がカギかなと思っていましたが、頑張ってくれました。藤沢先生も残り少ないですし、重賞の機会を頂いて、ありがたいです」

6着 ギルデッドミラー(福永祐一騎手)
「直線も含めてゴチャつくところがあって、上手く誘導することが出来ませんでした」

7着 プールヴィル(秋山真一郎騎手)
「4コーナーで上位に入った馬との間にあった差が詰まりませんでした」

15着 クリスティ(武豊騎手)
「スタートでジャンプするような形になって、出遅れてしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す