スマートフォン版へ

定年でラストデーの藤沢和雄師がV 「最後までドキドキ」

  • 2022年02月27日(日) 12時47分
 「3歳未勝利」(27日、中山)

 今月末で定年を迎える藤沢和雄調教師(70)=美浦=が送り出したビートエモーション(牡3歳)が、中山4Rで圧倒的な1番人気の支持に応えた。道中は好位追走から直線で抜け出すと、内から2着馬の激しい抵抗にあったが、鼻差で接戦をモノにした。

 現役最終日にJRA通算1569勝目を挙げた藤沢和師は、グランプリロードの観客に向けて一礼。ファンから拍手で祝福された。「最後までドキドキしたけど、良かった」と指揮官は満面の笑みを浮かべていた。手綱を取った川田も「藤沢先生の最終日に勝ってくれたのが何より。いい仕事をしてくれました」とパートナーをねぎらった。

 ラストデーの藤沢和厩舎は、中山で5頭を出走させる。この後は7Rのレッドモンレーヴ、11R・中山記念レッドサイオンゴーフォザサミットコントラチェックが出走を控えている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す