スマートフォン版へ

【弥生賞】ロジハービン豪脚 初騎乗のM・デムーロ好感触「重くない」

  • 2022年03月03日(木) 20時40分
 「弥生賞ディープ記念・G2」(6日、中山)

 京成杯2着のロジハービンは2日、美浦Wで力強い動き。展開ひとつで侮れない存在になりそうだ。

 意義のある初コンタクトとなった。ロジハービンの最終追い切りは調教でも初騎乗のM・デムーロを背に、美浦Wでシンハリング(5歳3勝クラス)を5馬身ほど追走する形でスタート。ゆったりとした流れでも折り合いがつき、3コーナー付近から徐々にペースアップ。直線では内に入って持ったままで併入した。余力を残した感じで、6F85秒7-38秒2-11秒7をマークした。

 明るい表情で戻ってきた鞍上は「初めて乗ったけど具合がとてもいいですね。ハービンジャーの子らしくストライドが大きくて、動きは重くない」と好感触をつかんだ。国枝師も「内でジッとして、しまいを生かす競馬が理想だね」と勝利のシーンを思い描いていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す