スマートフォン版へ

中村直也師 名門A・オブライエン厩舎での修行経験を生かす 「引き出しできた」

デイリースポーツ
  • 2022年03月04日(金) 15時20分
 東西で5厩舎が開業。今週、管理馬4頭を送り出すのは中村直也調教師(43)=栗東=だ。国内外で腕を磨いた経験を生かし、まずは厩舎初白星を目指していく。

 白地に赤い水玉模様。広大なトレセンでもひときわ目立つ厩舎服の中村師が、初陣を前に「無事に送り出して、帰ってきてもらうのが一番です」と気を引き締めている。

 近親に競馬関係者のいない環境だったが、漫画「風のシルフィード」やゲーム「ダービースタリオン」を通し、幼少期から競馬に触れてきた。高校卒業後、オーストラリアの競馬学校へ。その後はアイルランドに渡り、名門エイダン・オブライエン厩舎で腕を磨いた。「日本では馬が蹴ったりうるさかったりというのは当たり前。でも、向こうは違いました。そういう違いを知っているのは大きいですし、やり方の引き出しができましたね」と海外での経験が礎となっている様子だ。帰国後は湯浅三郎厩舎を経て、小崎厩舎で調教助手に。調教師試験合格後は、技術調教師として矢作厩舎でノウハウを学んだ。

 2月末で解散した浅見秀一厩舎から管理馬、スタッフともに引き継ぐ。「しっかりしている人たちが来てくれましたから。馬のことも知ってくれているし、心配していません」と全幅の信頼を寄せる。デビュー週に送り出すのは4頭。まずは初白星を目指し、余念のない調整を続けていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す