スマートフォン版へ

【アネモネS】川島信二 ユキノプリンセスと桜舞台目指す

  • 2022年03月11日(金) 06時00分
 「アネモネS」(13日、中山)

 デビュー22年目を迎えた川島信二騎手(39)=栗東・新谷=が、2月の東京で新馬勝ちしたユキノプリンセス(牝3歳、栗東・南井)とともに桜花賞トライアルへ挑む。

 もともと芝でデビュー予定だったが、除外で東京ダート1400メートルへ。それでも、川島には「シルバーステートの子はダートも走るし、雨で締まった馬場ならやれると思っていた」と不安はなかった。内枠から好スタートを決め、スピードを生かして勝利をつかんだ。

 2戦目は果敢にアネモネSを選択。10日の最終リハは、栗東坂路でメイショウツガミネ(3歳1勝クラス)と併せて1馬身先着した。4F55秒3-39秒7-12秒3とタイムは地味ながらも、「抜群でした。きれいなフォームで真っすぐに走っていた」と確かな体調アップを感じ取った。

 セールスポイントは「操縦性の高さと勝負根性」。母ユキノクイーンにも騎乗経験があり、同馬に対する思い入れは深い。川島自身はこの先、クラウンプライド(牡3歳)でUAEダービーに挑戦する新谷師に同行し、24日からドバイ研修へ行く予定。モチベーションは高く、15年ローデッド(15着)以来となる桜の舞台を夢見ている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す