スマートフォン版へ

【阪神大賞典見どころ】昨年圧勝のディープボンドにゴルシ産駒マカオンドールが挑む

  • 2022年03月14日(月) 10時00分
 昨年5馬身差Vのディープボンドが断然の人気を背負うことになりそうだが、連勝中のマカオンドールも侮れない。制してGIへ向け弾みを付けるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/20(日) 阪神大賞典(4歳上・GII・阪神芝3000m)

 ディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)は昨年の同レース5馬身差圧勝をきっかけに飛躍し、天皇賞(春)で2着、秋にはフォワ賞(仏G2)勝ち、帰国初戦の有馬記念で2着と実績を残した。今回は久々の実戦となるが調教の動きは抜群で、13〜15年に3連覇したゴールドシップ以来、史上6頭目となる連覇の期待は十分。鞍上は和田竜二騎手

 マカオンドール(牡4、栗東・今野貞一厩舎)はゴールドシップ産駒で、2勝クラスを勝ったばかりの格上挑戦だった前走の万葉Sを差し切り勝ち。今回は強豪ディープボンドが大きな壁として立ちはだかるが、父が3戦3勝したこのレースで一気の3連勝なるか。

 その他、ステイヤーズSで2着だったアイアンバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)、一昨年1着、昨年2着のユーキャンスマイル(牡7、栗東・友道康夫厩舎)、前走ダイヤモンドSで3着のトーセンカンビーナ(牡6、美浦・加藤征弘厩舎)、オープン入り初戦のキングオブドラゴン(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す