スマートフォン版へ

【金鯱賞】ジャックドール 超絶Rで破竹5連勝 サイレンススズカほうふつ“圧逃”重賞初制覇

  • 2022年03月14日(月) 06時30分
 「金鯱賞・G2」(13日、中京)

 断然の1番人気に支持されたジャックドールが、破竹の5連勝で重賞初制覇を達成。果敢にハナを主張すると、1分57秒2のコースレコードで悠々と逃げ切り、大阪杯(4月3日・阪神)の優先出走権を手に入れた。2着は2番人気のレイパパレ、3着には5番人気アカイイトとG1馬2頭が続いた。

 とびっきりのニューヒーローが誕生した。好スタートからレースを引っ張った1番人気のジャックドールが、98年Vのサイレンススズカをほうふつさせる圧巻の逃走劇でライバルを完封。従来のコースレコードを1秒1更新する超絶タイムで、G2獲りに成功した。

 「スタートから外の馬が来て、ペースも緩めていなかったので、いつもより厳しい流れでしたが、直線でターフビジョンを見て“相当強い馬だな”と感じましたね」。手綱から伝わる、しびれるような感触。藤岡佑は興奮気味に振り返った。

 2着レイパパレとの差は2馬身半。11秒台のラップを連続して刻む厳しいペースを自らがつくり出し、ゴール前でさらに突き放す。ジャックドールの強さばかりが際立つレースだった。「厳しい競馬をさせてしまいましたが、しっかりと粘ってくれた。すごい馬だなと感じました。跳びが軽くて、力強い。他の馬では感じたことのないストライドです」と絶賛の言葉を並べた。

 19年、北海道のセレクションセール。「めちゃくちゃいい馬だな。これだけの馬はそう出てこない」と感じた藤岡師は、すぐにオーナーに購入を進言。「もともと期待していた馬。しっかりとケイコができるようになっている分、力がついてきた。その結果ですね」と、本格化した愛馬の姿に目を細める。

 競馬ファンに衝撃的な走りを見せつけたジャックドールが、次に見据えるのはG1の大舞台。「中2週になるけど、次は大阪杯と決めていましたから」と指揮官。破竹の5連勝と勢い止まらぬ超新星が、王者エフフォーリアに敢然と挑戦状をたたきつけた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す