スマートフォン版へ

【阪神牝馬Sレース後コメント】メイショウミモザ鮫島克駿騎手ら

  • 2022年04月09日(土) 17時40分
阪神11Rの第65回阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1600m)は9番人気メイショウミモザ(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒8(良)。半馬身差の2着に1番人気アンドヴァラナウト、さらにクビ差の3着に2番人気デゼルが入った。

メイショウミモザは栗東・池添兼雄厩舎の5歳牝馬で、父ハーツクライ母メイショウベルーガ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は26戦5勝。

レース後のコメント
1着 メイショウミモザ(鮫島克駿騎手)
「2走前からブリンカーをつけていました。久々に騎乗依頼をいただいて、良い結果を出せて良かったです。スタートに課題があり、それをしっかり決めることと、人気があるわけではないので、ロスなく行こうと思っていました。

 4コーナーから直線で狭くなるところがありましたが、勝負根性がある馬で、しっかり割ってきてくれました。メンバーがそろった中、初の重賞で結果を出せて、次のステップへ無事に向かえればと思います」

2着 アンドヴァラナウト(福永祐一騎手)
「上手に立ち回っていました。マイルも上手です。最後はそんなに良い走りではありませんでしたが、力で残ってくれました。マイルは思ったより良かったです」

3着 デゼル(川田将雅騎手)
「私が乗せていただいた中で一番バランスが良く、返し馬から走れる状態でした。負けましたが、内容は去年よりも遥かに良い走りができています」

4着 ムジカ(池添謙一騎手)
「良いポジションで競馬ができました。脚がよく溜まっていて、直線に向いた時は捕まえられる勢いでしたが、坂の途中で止まってしまいました。良い脚がもう少し持続してくれれば良かったのですが」

5着 マジックキャッスル(浜中俊騎手)
「道中から進んでいきませんでした。促してはいましたが、進み切れませんでした。一番気になっていたのは、手前ばかり替えていました。その中でも来てはいますけど、鋭く伸びるという感じではありませんでした。本調子にはどうだったのかなと思います」

6着 ジェラルディーナ(幸英明騎手)
「テンは忙しい感じでしたが、思ったより前が速くなりませんでした。展開だったり馬場も内が残ったりと、うまくいきませんでした」

7着 クリスティ(松若風馬騎手)
「外枠だったので、他の馬の出方を見ながら行きました。競馬は逃げる形になりましたが、自分のペースで良い内容の競馬ができたと思います。いつもなら辛抱できそうでしたが、最後は止まってしまいました」

9着 テーオーラフィット(岩田望来騎手)
「格上挑戦でしたが、しっかり我慢していましたし、終いにもう少し伸びてきてくれたらという感じはありました。よく頑張ってくれたと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す