スマートフォン版へ

【皐月賞】美浦レポート イクイノックス(木村哲也調教師)

  • 2022年04月13日(水) 11時56分
 17日(日)中山競馬場で行われる第82回皐月賞(GI)に登録しているイクイノックス(牡3、美浦・木村哲也厩舎)について、追い切り後の共同会見での関係者のコメントは以下の通り。

イクイノックスについて木村哲也調教師

「(クラシックに2頭出し)幸せな状況で仕事させてもらっているのを実感しつつ、責任や重圧もあり、緊張もしますし、その半々でせめぎ合っているという感じです。

 この馬を管理する事になったのが1歳の初夏の時期です。その時から、経緯、経過を見てきた中、牡馬で立派な体格ですが、なかなか背骨回りに筋肉が盛ってこず、疲れが残りやすい状況でした。動きは良いのですが、その後のリカバリーに、他の牡馬より時間がかかっていました。そして、2歳のこの時期、ちょうど1年くらい前に厩舎に連れて来て、実際管理すると、いい動きはしますが、その後のリカバリーにものすごく時間がかかりました。
 
 食事面にしても、食べた量に比してなかなか肉がついてこなかったので、いわゆる常識的な、セオリー的なローテーションで競馬を使うと、春の一番良い時期に本当の良い状態にもっていけないのではと、早い段階から危惧していました。

 前走でああいう勝ち方をさせてもらい、賞金的には余裕をもってクラシックに向かえる状況が整ったので、2月、3月から競馬を使い出すよりも、思い切って4月からにさせてもらえないかと提案をさせてもらいました。

 本当はいっぱい競馬を使っていっぱい勝ちたいですけど、現状の彼のパフォーマンスを見せるには、どうしてもそれだけの間隔が必要なのかなと思っています。

 操作性の高い馬だと思っていますし、手前による大きな差は無いと考えていますから、右回りになったからトップギアに入りづらい、もたれるということは、現状では考えづらいと思っています。

 こういう状態の中で、中山の2000mをどういう風に走ってくるのか。期待を持ちつつ、注目度の高い馬である事は私も十分理解していますから、多くの応援して下さる方に、少しでも喜んでもらえるような走りを見せられるように、週末までしっかりやって、努めていきたいと思います」

(取材:中野雷太)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す