スマートフォン版へ

【奥の細道特別】(福島) ボーンジーニアスが3コーナーからまくり切って快勝

  • 2022年04月16日(土) 16時21分
福島10Rの奥の細道特別(4歳以上2勝クラス・芝2600m)は1番人気ボーンジーニアス(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分44秒2(稍重)。3/4馬身差の2着に3番人気トーホウバロン、さらに3/4馬身差の3着に8番人気アスティが入った。

ボーンジーニアスは美浦・小西一男厩舎の4歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ母キズナ2(母の父Hurricane Run)。通算成績は11戦3勝。

レース後のコメント
1着 ボーンジーニアス(丸山元気騎手)
「良い方に行っているのか、悪い方に行っているのか分かりませんが、気性的に引っ掛かる馬になっています。上のクラスにいったら2000mぐらいがいいかもしれません。小回りなら2600mでも大丈夫です。気性面だけがお父さんに似すぎています。ズブかった馬が、引っ掛かる馬になっています」

2着 トーホウバロン(菱田裕二騎手)
「普段通りの競馬をしました。勝った馬が強いと思っていたので、その馬が動いたら動こうと思っていました。良い脚を使っていますし、よく頑張っています」

3着 アスティ(藤田菜七子騎手)
「もう少し前で競馬がしたかったのですが、思ったより後ろになってしまいました。勝負どころで上がっていく馬と一緒に上がっていけましたし、最後まで頑張ってくれました」

5着 タイセイドリーマー(川須栄彦騎手)
「調教師からは、できたら前々で、もしくは自分から動いていってほしいというオーダーがありました。テンから仕掛けていきましたが、前半は結構ペースが流れていたので、向正面に入るまではロスなく行こうと思っていました。向正面から自分で動いていく競馬をしました。ワンペース感はありますが、体力はあるので、流れが向いたら頑張れると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す