スマートフォン版へ

負傷離脱中の柴田善臣が調教騎乗再開「上半身に力が入らない」と苦笑い 実戦復帰未定

  • 2022年04月21日(木) 18時10分
 21年12月4日の騎乗後、頸椎椎間板ヘルニアの症状悪化のため休養していた柴田善臣騎手(55)=美浦・フリー=が20日、美浦トレセンで調教騎乗を再開。「ビックリするほど上半身に力が入らないよ」と苦笑いしつつ、アラタ福島記念3着)など2頭の追い切りに騎乗した。

 3月中旬に手術を行い、2週前にようやく、上半身のリハビリを始めたばかり。実戦復帰については「もう少し筋力がつかないと。納得できない」と明言は避けたが、「馬に乗るのが楽しい」と馬上の感触を味わっていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す