スマートフォン版へ

【石和特別】(東京) ドンナセレーノが外から鮮やかに差し切る

  • 2022年04月24日(日) 16時28分
東京9Rの石和特別(4歳以上2勝クラス・芝1800m)は4番人気ドンナセレーノ(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。クビ差の2着に1番人気ボーデン、さらに2馬身差の3着に3番人気カランドゥーラが入った。

ドンナセレーノは栗東・安田翔伍厩舎の4歳牝馬で、父Lord Kanaloa、母Nuovo Record(母の父Heart's Cry)。通算成績は11戦3勝。

レース後のコメント
1着 ドンナセレーノ(横山和生騎手)
「今日は休み明けのような雰囲気がありましたが、この馬には何度も乗っているので、調教師とも話をしながら、馬に気分良く走ってもらうことを考えて乗りました。まだ頼りないところや、もっとこうなってほしいと思うところはあるものの、(この先も)順調に行ってほしいです」

2着 ボーデン(C.ルメール騎手)
「仕掛けが少し早すぎたかもしれません。馬の状態は問題ありませんでした。今日は上手く乗れませんでした」

3着 カランドゥーラ(田辺裕信騎手)
「スムーズなレースはできました。持ち時計はありますが、速い上がりが使えないので、早目のスパートを心掛けていました。ただ、今日はボーデンがあんなに早く来るとは思いませんでした。この馬のリズムでレースを進めたかったです」

4着 トゥルーヴィル(横山武史騎手)
「掛かるかもしれないと聞いていましたが、そんなことはありませんでした。直線で左にモタレてしまい、追いづらかったです。今日は能力だけで来た感じです」

5着 モンテディオ(武豊騎手)
「馬は思ったより元気良く、張り切っていました。最後は息切れした感じです。次は良いのではないかと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す