スマートフォン版へ

【天皇賞】伊藤 ロバートソンキーで恩返し 落馬負傷で途切れた手綱 再び依頼に感謝

  • 2022年04月29日(金) 12時30分
 「天皇賞(春)・G1」(5月1日、阪神)

 タイトル奪取で恩返しだ。ロバートソンキーと2度目のG1舞台に挑む伊藤工真騎手(32)=美浦・金成=が、大一番を心待ちにしている。

 相棒は20年の神戸新聞杯で、無敗の3冠馬コントレイルに0秒3差3着と健闘。今回人気を集めるディープボンド(4着)に先着を果たしたように、能力は確かなものがある。伊藤は「この馬なりに徐々にしっかりしてきて、まだ良くなる余地も残していますからね。菊花賞(6着)で3000メートルを走っているし、距離は問題ないと思います」と期待を膨らませる。

 デビュー2戦目から手綱を任されたが、21年4月の落馬負傷で2走前は乗り代わり。それでも再び巡ってきた手綱に、「前走で依頼を頂けたことはすごくうれしかった。こういう舞台でチャンスを頂けたことに、保坂オーナー、林先生には感謝の気持ちでいっぱいです」と興奮を隠さない。

 自らまたがった最終リハではゴール前で上々の伸び脚を披露した。「動きの良さを見せていました。使って状態が1段上がった感じがします」。順調だった1週前追い切り以上の好気配。久々を使われての大きな上積みを感じ取っていた。

 まだ準オープンの身で格下感は否めないが、気後れすることはない。「いつも一生懸命走ってくれるので信頼しています。この馬の競馬をさせてあげたい。すごく楽しみですね」。デビュー15年目の伊藤にとって勝てば重賞初制覇。様々な思いを胸に、大仕事をやってのける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す