スマートフォン版へ

【青葉賞結果】プラダリアが未勝利からの連勝でダービーの権利獲得

  • 2022年04月30日(土) 20時33分
 30日、東京競馬場で行われた青葉賞(3歳・GII・芝2400m)は、中団あたりでレースを進めた池添謙一騎手騎乗の4番人気プラダリア(牡3、栗東・池添学厩舎)が、2番手追走から抜け出した2番人気ロードレゼル(牡3、栗東・中内田充正厩舎)をゴール前で差し切り、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒2(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に6番人気エターナルビクトリ(牡3、栗東・小崎憲厩舎)が入った。なお、1番人気レヴァンジル(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は5着、3番人気ジャスティンスカイ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は11着に終わった。

 勝ったプラダリアは、父ディープインパクト母シャッセロールその父クロフネという血統。未勝利からの連勝で重賞制覇を果たした。

 2着までに入ったプラダリアロードレゼル日本ダービーの優先出走権を獲得した。

青葉賞ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す