スマートフォン版へ

【京都新聞杯】ブラックブロッサム 遅れてきた大物 斉藤崇師「結果を出してほしい」

  • 2022年05月04日(水) 06時00分
 「京都新聞杯・G2」(7日、中京)

 遅れてきた大物だ。無傷2連勝中のキタサンブラック産駒ブラックブロッサムが、中京から新緑の府中へと華麗に飛び立つ。

 中京芝二千の新馬戦を危なげなく快勝すると、強烈な衝撃を与えたのは2戦目の大寒桜賞。3番手追走から直線で早々と先頭に立ち、後続を寄せつけず8馬身差の大楽勝。重馬場を考えれば、2分14秒1の勝ち時計もかなり優秀と言える。

 無傷2連勝の結果に、斉藤崇師は「能力は高く、体もいい。前走はこちらが思っていた通り、もしくはそれ以上の内容で言うことなし。強かった」とべた褒め。続けて「ここで結果が出るようならダービー(29日・東京)も考えられる。気持ちと体のバランスがかみ合っていない部分があり、少し気になるところはあるけど、しっかりと結果を出してほしい」と今回の一戦を試金石と位置付けた。

 本番まで中2週ながら00年アグネスフライト、13年キズナ、19年ロジャーバローズと3頭のダービー馬を輩出している“東上最終便”。22年も目が離せない戦いになりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す