スマートフォン版へ

【NHKマイルC】栗東レポート ダノンスコーピオン(安田隆行調教師)

  • 2022年05月04日(水) 10時32分
5月8日(日)に東京競馬場で行われる第27回NHKマイルC(GI)に出走予定のダノンスコーピオン(牡3、栗東・安田隆行厩舎)について、共同会見での安田隆行調教師のコメントは以下の通り。

「(前走アーリントンCの)状態としては、去年の朝日杯FSの時までは戻っていませんでしたが、共同通信杯よりは戻っていました。結果はどうかと心配していましたが、良い走りをしてくれて、勝てました。

前走後は順調に来ています。15−15は1本入れましたが、本追い切りは今日が初めてでした。馬にプレッシャーを掛けずに、楽に坂路を上がる感じで調教を済ませました。

共同通信杯の時は馬の調子が今回よりも良くなく、今回は前走以上の状態なので、共同通信杯の結果は気にしなくて良いかなと思います。去年の朝日杯FSの時は状態が良く、良い走りをしてくれました。その後は、調子を崩してなかなか元に戻りませんでしたが、ここにきて本調子になってきました。

ロードカナロアに似ているところは、競馬に対して落ち着いているところですね。馬房でもゆったりとしています。走りとしては、ロードカナロアには先行力がありましたが、ダノンスコーピオンの場合は終いの脚を重点にしています。それでも、勝つことは同じなので、そのあたり(ロードカナロア産駒で勝つこと)は嬉しいです。

(川田騎手は)僕の弟子なので、また2人でタイトルを獲りたいですね。自分の調教師人生も残り少ないですが、ここで大きいところを弟子の川田騎手と獲りたいと思っています」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す