スマートフォン版へ

【兵庫チャンピオンシップレース後コメント】ブリッツファング池添謙一騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年05月04日(水) 20時17分
 5月4日(水)に園田競馬場(晴・良)で行われた3歳馬によるダートグレード競走・第23回兵庫チャンピオンシップ(JpnII・1870m)は、道中3番手から4番手にいた3番人気のJRAブリッツファング(池添謙一騎手)が、直線入口で先頭に立つと後続を大きく引き離し、8馬身差で圧勝。重賞初制覇を飾った。

 勝ちタイムは2分1秒4。2番人気のJRAノットゥルノがゴール前で2着に上がり、先行していた4番人気のJRAコンシリエーレが4分の3馬身差で3着。1番人気のJRAドライスタウトはスタートでやや遅れ、徐々に追い上げるも4着。地元・兵庫のローグネイションが5着に入った。

 勝ったブリッツファングは父ホッコータルマエ母リリーオブザナイル(母の父バゴ)の牡3歳鹿毛馬。JRA栗東・大久保龍志調教師の管理馬。通算成績4戦3勝、重賞は初勝利。

レース後のコメント
1着ブリッツファング(池添謙一騎手)
「期待通り勝つことができて良かったです。(返し馬は)気合乗りもほど良く強いので落ち着きもありました。いい形でゲートインできました。スタートを決めて、いい位置が取れました。追走も楽でした。小回りで、コーナーコーナーでペースが落ちる部分はありましたが、良い形で追走できればいいかなと思っていました。

 2番手の馬(コンシリエーレ)も強い馬なので、それを見ながらと思って運びましたが、十分手応えもありましたので、徐々に動いてスパートしました。いい形で追って反応してくれましたし、大丈夫だろうと思って追っていました。今日は本当に強いメンバーでしたが、その中でこれだけ強い勝ち方が出来たので、今後が楽しみになったと思います。

 デビュー前から期待していた馬で、期待通りどんどん強くなっています。楽しみです。大きなところを狙っていきたいです」

2着ノットゥルノ(武豊騎手)
「イレ込みは相変わらずというか、治ってこないのですが、(スタートが)五分に出られたことが大きかったですね。大跳びで小回りは向きませんが、何とか賞金加算も出来たので、(この馬にとっては)今後に向けて大きな一戦でした」

3着コンシリエーレ(D.レーン騎手)
「いいスタートを切って、好位の競馬が出来ました。この馬は跳びも大きく、リズム良く運べました。一生懸命馬も走ってくれましたが、最後は疲れてしまいました。この馬のベストからするとこの距離は長いかもしれません」

4着ドライスタウト(戸崎圭太騎手)
「スタートで出遅れてしまいました。今回、右回りが初めてで、外にもたれる感じもありました。ただ、流れには乗れましたので、徐々に修正しながら進めていくことができましたが、勝負どころでは手応えが怪しくなりました。今日は、これまでより、返し馬からも、雰囲気はもう一つかなという感じがありました」

(取材:檜川彰人)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す